デザインアース エクステリア&ガーデン
エクシタリア ガーデンデザインから店名が変わりました
TOP | 新築外構施工例 | 東京都世田谷区A様邸施工例

東京都世田谷区A様邸施工例

新築外構・エクステリア・ガーデン

 

参考費用:220万円(税抜)
駐車場兼用のエントランス

PLAN

イメージパース・図面
世田谷区A様邸パース
世田谷区A様邸平面図と立面図
 

テーマは生活に馴染んだエクステリアの提案

生活をより豊かにするのがエクステリアの役割。本来のエクステリアの意味を考えながらプランニングしました。アプローチは駐車場と一体型として、人と車が共有できる折戸タイプの門扉としました。人の出入りは右側、車が出入りする時は、左側が折戸となっているので全開放できるようになっています。

アプローチとなる床面は、レンガで縁石を作り、自然石樹脂舗装をすることで入り口の導線としています。門柱は門扉の柱の役割もしているので、無駄なスペース・部材を使用せずにすっきりと収めるようにしました。アルミ部材の割合が多い門まわりとなるので、足元に植栽スペースを設け、明るく柔らかい感じを出しています。

角地の敷地となっており、狭めの十字路に面していたので、角部を植栽帯とすることで車の侵入を防ぐ設計にしました。植栽帯の向こう側を駐車場とすることで、角地の駐車場でも安心して使用できるようにしています。二世帯住宅の建物で、北側からの出入りがあるため、スペースの狭い北側はシンプルながらスタイリッシュなエクステリアにしています。


COMPLATED

完成事例
門柱と折戸門扉
 

機能門柱の下に花壇を

四国化成リンクストーン樹脂舗装

門扉開放で駐車場に

明るい玄関まわり

植栽帯でセットバックした駐車場

二世帯住宅にはもう一つ門柱を

抜け道として利用される道路は、比較的車通が多く、また狭さ故の心配が懸念されます。駐車場は建物と平行に設け、敷地の変形された部分を植栽スペースとすることで大きな利点が得られます。通行車のすれ違いやコーナリングによる土地への侵入により生じやすい、車へのこすり傷を避ける事ができるのです。背の高い植物は運転者の視界にも入り、無理な運転を避けることができるので、駐車されたお車をしっかりと守ってくれるでしょう。

光の差し込む明るい門まわり
 

門柱と門扉は、建物の外壁とサッシの色に合わせてウッドラッピングとアルミカラーで統一しています。この2色の組み合わせは、現在の建築住宅のベースとなっているので、スタイリッシュで高級な仕上がりが魅力です。カーポートも同一カラーで屋根を設けています。雨による汚れやタイヤの劣化を防ぐには、必需品のアイテムです。カーポートは、大切なお車のお家となってくれます。

カーポートのある駐車場
 

出入庫時は折戸が活躍し、充分なスペースでご利用できます。門扉は全て内開き設計にしてあるので、道路沿いのお宅でも門扉が越境してしまう心配はありません。

正面お庭の若干の土留となっているブロックは、高さを抑え、実は車の輪止めとしても利用できます。入庫時に下がり過ぎても、お庭に突っ込んでしまう心配がありません。奥には隣地との目隠しとして植えてある、植栽も見え隠れします。ブロックひとつ、植栽一本にもしっかりと役割を与えた設計です。  

駐車場へ続く飛び石
 

道路に出ずとももう一台の駐車場へアクセスが可能になっています。門柱まわりには丁度良い植栽スペースを設けているので、歩行の邪魔にはならずに足元が明るくなります。

門扉片開きで人の出入りを
 

普段は片方を開くだけ

門扉が3枚もあると大きく見えますが、普段は1枚開くだけで充分出入りが可能です。こちらの門扉は、90cm幅のものを使用しているので、比較的広く日常に不便はありません。足元の自然石樹脂舗装は、四国化成のリンクストーンを使用し、滑り止め入りのつや消し剤をトップコートしています。雨天時でも滑りにくくなっているので、勾配がついていても安心です。