デザインアース エクステリア&ガーデン
TOP | エクステリアの基礎知識 | 【最新】おすすめのおしゃれなガーデンルーム・サンルーム9種類

おすすめのおしゃれな
ガーデンルーム・サンルーム9種類

GARDEN ROOM&SUN ROOM

おすすめのおしゃれな
ガーデンルーム・
サンルーム9種類

GARDEN ROOM&SUN ROOM

デザインと機能性を両立したおしゃれなガーデンルーム

ガーデンルームとは、壁や屋根をガラスやアクリルのパネルで覆った、屋内と屋外の間に設置するスペースのことです。
家にもう一つ部屋を作りたい、窓の外をおしゃれにしたい、ウッドデッキだけ、テラスだけでは物足りないという方におすすめです。

ガーデンルームを設置することで、ご自宅に+1アウトドアリビングができます。日当たりが良いため、屋内で植物を育てるスペースとして最適です。
また、洗濯物を乾かすスペースとしても活躍します。屋内でもよく乾くため、雨や花粉、黄砂などの影響を受けずに利用できます。
他にもペットやお子様の遊び場として利用したり、趣味や仕事をするためのスペースとして利用するなど、利用方法は様々です。

また、商品によっては家から独立させて、はなれのように利用できるタイプもあります。
デザイン性と機能性を両立したガーデンルームを選ぶことで、お庭の景観を崩すことなく、その機能をフル活用できます。

ガーデンルーム設置の種類

デッキ仕様(デッキON仕様)・・・ガーデンルームの周りにウッドデッキを設置する仕様です。ルーム内には別途デッキ材を敷きます。(参考①)
広いスペースのあるお庭へ設置する際におすすめです。

インナーデッキ仕様(床仕様)・・・ガーデンルームの内部にだけウッドデッキを敷く仕様です。(参考②)
狭小地でガーデンルームを利用する際におすすめです。

土間仕様(テラス仕様)・・・土間コンクリートを打設してからガーデンルームを設置する仕様です。(参考③)
コンクリート部分には、お好みのタイルを貼ることができます。

ガーデンルームGF

【参考①】ウッドデッキ仕様

 

ガーデンルームGF

【参考②】インナーデッキ仕様


ガーデンルームGF

【参考③】土間仕様


LIXILのガーデンルーム
各モデルの特徴

LIXILのガーデンルーム 各モデルの特徴

ガーデンルームGF
部材を最小限に抑えた設計でコストパフォーマンスに優れています。
DIYを想定した作りになっており、用途や好みに合わせて自由にアレンジできます。

ココマ
シンプルなフレームと開放的な前面フィックスパネルで、効率よく日光を室内に取り込めます。
また、お好みのタイルを腰壁にすれば、室内とのコーディネートも可能です。

ジーマ
パネルをフルオープンにすることで開放的な空間を楽しめるガーデンルームです。
内天井の取り付けが可能で、他のガーデンルームと比べて、より部屋らしく感じられます。

暖蘭物語
見た目の高級感だけでなく、機能性にも優れたガーデンルームです。
水密性・気密性ともに優れており、雨風の影響を受けずに利用できます。外部音を抑えて落ち着いた空間作りが可能です。

ガーデンアネックス
リゾートホテルやレストランなどで活躍する、特別なガーデンルームです。
回転式のルーフルーバーが他のガーデンルームにはない開放感を演出します。

ガーデンルームGF by LIXIL

ガーデンルームGF

【参考①】正面-折戸、側面-テラスサッシ

 

ガーデンルームGF

【参考②】正面-腰壁+高窓、左側面-腰壁+FIX、左側面-折戸


ガーデンルームGF

【参考③】正面-折戸、左側面-テラスサッシ、右側面-腰壁+高窓


自由にアレンジできる、コスパ重視のガーデンルーム「ガーデンルームGF」

なるべくコストをかけずにガーデンルームを設置したいという方におすすめの商品です。部材を最小限に抑えた設計で、扉などの重厚感は控えめなものの、ガーデンルームとしての役割はしっかりと果たしてくれます。

開口部には、オーソドックスな引き違い戸のテラスサッシ、フルオープンにして開放感を感じられる折戸、腰壁で足元を隠すことができる腰壁+高窓の3パターンがあります。こちらは、参考写真①〜③のように、正面と側面の開口部にそれぞれ選ぶことができます。
腰壁とは、床から腰の高さより下の位置に設置される壁のことです。

LIXILのオリジナル金具を用いて腰壁に木材を取り付けることで、カウンターや棚等のDIYが可能です。自分好みにアレンジして、好きなものに囲まれた趣味の空間として利用できます。

定価(税抜き)

デッキ仕様 本体価格:400,700円〜
インナーデッキ仕様 本体価格:651,400円〜
土間(テラス)仕様 本体価格:456,200円〜
※別途、ウッドデッキ・土間コンクリート代が加算されます

ココマ by LIXIL

ココマ

【参考①】腰壁タイプ

 

ココマ

【参考②】基本タイプ


ココマ

【参考③】腰壁タイプ


木彫デザインのフレームと前面パネルが特徴的なガーデンルーム「ココマ」

ココマには、全体が透明なパネルで覆われた基本タイプ(参考②)と腰壁タイプ(参考①、③)の2種類があります。
 
基本タイプは、開放感のあるパネルを活かして室内に日光を取り込み、明るく暖かな空間になります。また、いつでもお庭を見渡すことができるため、自然を身近に感じながら生活できます。

腰壁タイプは、腰壁によって外からの目線を遮り、足元を隠してくれます。開放感よりも囲まれている安心感が欲しいという方におすすめです。お好みのタイルを腰壁にすることで、インテリアとのコーディネートもできます。
また、腰壁は小物置きや飾り棚としても利用できます。カウンターテーブルを取り付けたり、椅子を用意することで、家にいながらカフェ気分を味わえます。

定価(税抜き)

基本タイプ 本体価格:381,800円〜
腰壁タイプ 本体価格:371,000円〜
※別途、前面フィックスパネル、ウッドデッキ・土間コンクリートの料金が加算されます。

ジーマ by LIXIL

ジーマ

【参考①】ルームタイプ

 

ジーマ

【参考②】軒プラスタイプ


ジーマ

【参考③】ルームタイプ


ジーマ

【参考④】軒プラスタイプ(フルオープン)


ジーマ

【参考⑤】軒プラスタイプ(フルクローズ)


フルオープンできる折戸パネルで開放的な空間を演出する「ジーマ」

ジーマには、屋根と柱だけで構成されたテラスタイプ。フルオープン・フルクローズが可能な折戸パネルが特徴のルームタイプ(参考①、③)。屋根を外に拡張して軒下空間を作る、軒プラスタイプ(参考②、④、⑤)の3種類があります。

パネルをフルオープンにして風通しのいいテラスとして利用したり、フルクローズにして趣味や食事を楽しむガーデンルームとして利用するなど、季節や用途に合わせて様々な利用方法があります。(参考④、⑤)
パネルにはバタつきを防止する金具と隙間を防ぐビート材を使用しているため、雨風の影響を受けにくくなっています。

さらに、屋根の下に内天井を取り付けることで、軒下のような空間が生まれます。内天井にはダウンライトや間接照明を取り付けることができるため、夜でも安心してご利用いただけます。

定価(税抜き)

テラスタイプ 本体価格:275,900円〜
ルームタイプ 本体価格:544,800円〜
軒プラスタイプ 本体価格:872,010円〜
インナーデッキ仕様 本体価格:1,226,230円〜
※別途、ウッドデッキ・土間コンクリートの料金が加算されます。

暖蘭物語 by LIXIL

暖蘭物語

【参考①】基本タイプ/フルガラス仕様

 

暖蘭物語

【参考②】基本タイプ/デザインパネル仕様


暖蘭物語

【参考③】腰壁タイプ


高級感と機能性を併せ持つガーデンルーム「暖蘭物語」

暖蘭物語には、基本タイプと腰壁タイプの2種類があります。基本タイプは全面パネル仕様になっており、パネルを前面・左右側面ごとに自由に開閉できます(参考①、②)。腰壁タイプは、壁の部分をお好みのタイルや塗り材を使用してデザインすることができます(参考③)。また、パネルは基本タイプと同様の物を使用しており、自由に開閉可能です。

折戸パネルには、ガラス部分に格子が取り付けられたフルガラス仕様(参考①)とパネルの下段にデザインが施されたデザインパネル仕様(参考②)の2種類があります。利用用途やお好みのデザインに合わせてお選びいただけます。

屋根パネルや折戸パネルが他のガーデンルームに比べて厚いため、雨音や外部音を抑えて、落ち着いた空間を味わうことができます。また、柱や梁が太い部材で作られているため、気密性・水密性がともに高いです。見た目の高級感だけでなく、機能性も重視する方におすすめの商品です。

定価(税抜き)

基本タイプ 本体価格:989,400円〜
腰壁タイプ 本体価格:962,100円〜
インナーデッキ仕様 本体価格:1,268,300円〜
※別途、ウッドデッキ・土間コンクリートの料金が加算されます。

ガーデンアネックス by LIXIL

ガーデンアネックス

【参考①】

 

ガーデンアネックス

【参考②】


ガーデンアネックス

【参考③】


開閉式のルーフルーバーが開放感を演出する「ガーデンアネックス」

リゾートホテルやレストラン、グランピング施設などに最適な特別なガーデンルームです。

開口部には枠がなく、全面ガラス張りになっているため、開放的な景色を堪能できます。
屋根には、回転・スライドして開閉するルーフルーバーが使われています。ルーフとは屋根、ルーバーとは、羽根板と呼ばれる細長い板を隙間を開けて等間隔に並べた物のことです。視線や日差しを適度に遮断しながら風通しを良くするために用いられます。

ルーフルーバーには、フルオープン可能なモデルAとルーバーの角度のみを変更できるモデルBの2種類があります。
空を直接眺めて、開放感を味わいたいという方や自然を感じたいという方はモデルAが、周辺からの視線が気になる方やフルオープンにして使う予定のない方はモデルBがおすすめです。
ルーフルーバーは専用のアプリをダウンロードすることで、スマートフォンからの遠隔操作も可能です。

ルーフルーバーがあることで、角度を変えることで日差しや雨を遮り、天候を気にすることなくいつでも快適にガーデンルームをご利用いただけます。

三協アルミのガーデンルーム
各モデルの特徴

三協アルミのガーデンルーム 各モデルの特徴

ハピーナリラ
他のガーデンルームにはない、ハイタイプの腰壁があります。高さ1.5mの腰壁で、外からの視線をしっかりカットしながら日差しも十分取り込むことができます。

スマーレ
腰壁部分にお好みのパネルやタイルを選ぶことができます。そのため、お好みに合わせた自由なデザインに仕上げることができます。

X.スタイル
建物に固定せずに設置できるため、家に傷をつけることなく設置できます。
また、様々な場所への設置が可能なガーデンルームです。

ハピーナリラ by 三協アルミ

ハピーナリラ

【参考①】床仕様/腰壁標準タイプ

 

ハピーナリラ

【参考②】土間仕様/腰壁ハイHタイプ


ハピーナリラ

【参考③】デッキON仕様/基本タイプ


ハイタイプの腰壁でプライバシーを守る「ハピーナリラ」

ハピーナリラには、基本タイプと腰壁タイプの2種類があります。
腰壁タイプの中にもバリエーションがあり、高さ1mの標準タイプ(参考①)と、高さ1.5mのハイHタイプ(参考②)があります。ハイHタイプは、女性の平均的な身長をイメージした高さ設計になっており、外からの視線もカットしながら、日光も程よく取り入れることができます。壁が高く、目隠しがしっかりとしているため、外からの視線をカットしたいという方におすすめです。

オプションとして天井材を取り付けることができ、夏の暑さや強い日差しも軽減できます。
さらに、天井材や腰壁に照明を設置することで、夜間もガーデンルームをお楽しみいただけます。ダウンライトやスポットライト、インテリアとしても楽しめるペンダントライトや腰壁ハイHタイプ用のライン照明といった照明を設置できます。

定価(税抜き)

床仕様 本体価格:1,121,900円〜
土間仕様 本体価格:921,800円〜
デッキON仕様 本体価格:980,600円〜
※別途、ウッドデッキ・土間コンクリート等の料金が加算されます。

スマーレ by 三協アルミ

スマーレ

【参考①】土間仕様/腰パネルスタイル/サイドクローズタイプ

 

スマーレ

【参考②】デッキON仕様/基本スタイル/サイドクローズタイプ

 

スマーレ

【参考②】土間仕様/基本スタイル/オープンテラスタイプ


スマーレ

【参考③】土間仕様/腰壁スタイル/サイドオープンタイプ


自由自在な素材の組み合わせが可能なガーデンルーム「スマーレ」

スマーレは、サイドも前面も吹き抜けになっているオープンテラスタイプ(参考②)、サイドのみ吹き抜けになっているサイドオープンタイプ(参考③)、サイドにルーバー引戸をはめこむサイドクローズタイプ(参考①)の3種類があります。
また、前面の窓は腰パネルを組み込んだ腰パネルスタイルや腰壁で目隠しをする腰壁スタイル(参考③)に変更できます。

腰パネルは、サイディングパネル、アルミパネル、下地ボードの3種類から選ぶことができます。下地ボードは、現地での施工が可能な塗り材や吹き付けにも対応しているため、決まったデザインではない、自分だけのパネルを作ることができます。

腰壁は、コンクリートブロックと表面仕上げ材によって、現地で仕上げます。市販のタイルや塗材などで表面を仕上げるため、お好みに合わせたデザインが可能です。

定価(税抜き)

サイドクローズタイプ
土間仕様 本体価格:795,100円〜
デッキON仕様 本体価格:1,172,600円〜

サイドオープンタイプ
土間仕様 本体価格:264,600円〜
デッキON仕様 本体価格:579,600円〜

オープンテラスタイプ
土間仕様 本体価格:228,700円〜
デッキON仕様 本体価格:560,100円〜
※別途、ウッドデッキ・土間コンクリート等の料金が加算されます。

X.スタイル by 三協アルミ

X.スタイル

【参考①】土間仕様/独立納まり

 

X.スタイル

【参考②】土間仕様/独立納まり


X.スタイル

【参考③】床仕様/壁寄せ納まり


生活スタイルに合わせて設置可能なガーデンルーム「X.スタイル」

X.スタイルは、建物から独立させて、はなれのように利用できる「独立納まり」(参考①、②)と、家に隣接して設置する「壁寄せ納まり」(参考③)の2タイプから選ぶことができます。どちらも建物に固定せずに施工するため、家を傷つけることなく設置できます。
フラットな屋根と雨樋を柱に内蔵している事で、すっきりとしたデザインになっています。

開口部は、折りたたみ戸、引違い窓、ルーバー引戸、FIX窓からお選びいただけます。さらにデザインウォールを腰壁として用いたり、パネルの一面を壁に変更することができます(参考①、②)。

断熱材を使用した天井材や軒、デザインウォールを用いることで、ルーム内の温度上昇を抑制します。夏の暑い日でも快適にガーデンルームを利用できます。

定価(税抜き)

床仕様 本体価格:1,520,400円〜
土間仕様 本体価格:1,421,800円〜
※別途、ウッドデッキ・土間コンクリート等の料金が加算されます。

オールグラスポーチⅡ by タカショー

オールグラスポーチⅡ

【参考①】

 

オールグラスポーチⅡ

【参考②】


オールグラスポーチⅡ

【参考③】


家にいながらリゾート気分を楽しめる「オールグラスポーチⅡ」

前面と側面にガラスを用いたデザインで、開放感のあるガーデンルームです。ガラス戸を全て閉じても、枠がないため視界の邪魔にならず、室内にいながらお庭をより身近に感じられます。また、背面に壁を設置することができるため、建物から独立させて離れのような空間を作ることもできます。

安全面にも優れており、ガラス戸には10mmの強化ガラスが使用されています。引戸の内側には標準で鍵がついており、防犯やいたずら防止の役割を果たします。外側にも鍵をつけることができるため、はなれとして使用する場合も安心です。

定価(税抜き)

本体価格:3,197,800円
※別途、ウッドデッキ・土間コンクリートの料金が加算されます。


 

業者の選び方

 

依頼のポイント

 

設計技術を知る

 

工事費用の目安

 

お客様の声

 

おすすめの商品

 

おすすめの植物

 

庭の手入れ方法

 

当店について

 

ご相談から完成まで