東京都町田市黒坂様邸施工例

リガーデン・お庭のリノベーション

 

参考費用:124万円(税抜)

BEFORE

ビフォー
レンガ舗装

AFTER

施工後
インターロッキング

PLAN

イメージパース・図面
町田市黒崎様邸外構リノベーションパース
町田市黒崎様邸外構リノベーション平面図と立面図
 

明るめの配色を用いたナチュラルガーデン

施主様が敷き詰めたレンガ舗装の隙間から生えてくる雑草や路盤の凹凸を解消するため全てのレンガを一度撤去した後、下地処理を施しました。

レンガやインターロッキングの舗装は下地の路盤整正が非常に大切となります。しっかりした転圧により長期的に整地した状態を維持することができます。

施工前には一部花壇が設けられていましたが、雑草対策を徹底するため全面舗装しました。


AFTER

アフター
レンガ舗装
 

インターロッキング
 

新設のインターロッキング目地には硬化する材料を使用し、目地の隙間の雑草を抑制できます。

レンガ舗装
 

インターロッキング
 

レンガ舗装

インターロッキング

インターロッキング
 

インターロッキング
 

樹脂製フェンス
 

日陰の多い場所に明るい配色の素材を使用

高低差により日陰になりがちな庭のため、インターロッキング材・フェンス材とも明るめの配色を選択することで、日が陰る時間帯でも庭に明るさを感じる工夫を施しました。

既存の木製フェンスは天然の素材だっため、年数を経ると朽ちてしまいましたが、今回設置した素材は樹脂製なので、シロアリや腐食による被害はありません。

ちなみにインターロッキングは街中でもよく見られます。
①水はけが良い(ブロックの隙間から、下に雨水が浸透していくため)
②ブロックの下をコンクリートなどで補強しなくても、駐車場として利用できる
③色・素材ともにバリエーションに富み、美しい景観を演出する
④施工が容易で経済的
という特徴があります。

明るくなった庭でバーベキューを楽しんだり、ペットを庭に放しても足の裏が汚れないので一緒に思い切り遊んだりされているそうです。