デザインアース エクステリア&ガーデン
エクシタリア ガーデンデザインから店名が変わりました
TOP | デザイン・プラン例 | 生け垣で目隠しをした緑豊かな外構デザイン

生け垣で目隠しをした
緑豊かな外構デザイン

Plan No. AY20121103

 

施工面積:69.1㎡
参考費用:194万円(税抜)

PLAN

イメージパース・図面
生け垣で目隠しをした外構パース
生け垣で目隠しをした外構の平面図
 

道路側に掃出し窓がある建物は、通行人の目やお向かいのお家の目線がどうしても気になります。大きな窓への視線を隠す目隠しが外構・エクステリアの課題になります。

掃出し窓前には、コンクリート製枕木を使用したナチュラルな花壇を作っています。そこに植物を植えて生け垣とすることで、自然な柔らかい印象の目隠しが可能となります。室内から外を見た場合も、鮮やかな緑が視界に入り、圧迫感がありません。玄関脇にはメインツリーとしてシマトネリコ株立を植えています。

また、掃出し窓の前に飛び石を置いて、玄関からお庭までの導線を確保しています。東側にあるお庭は、お母様の菜園スペースとするため、深さ60cmまで土を黒土に入れ替えています。

門柱はLIXILの機能門柱を使用し、すっきりとした印象としました。足元にはちょっとした植栽スペースを加えて、アルミ製品の堅いイメージを軽減しています。アプローチ〜駐車場に掛けて、サイコロ状のレンガでサークルを描き自然石乱張りと自然石樹脂舗装(四国化成リンクストーン)で高級感と広がりを作っています。