デザインアース エクステリア&ガーデン
エクシタリア ガーデンデザインから店名が変わりました
TOP | おすすめの植物 | カナリーヤシの特徴、育て方、剪定時期、病気、害虫

カナリーヤシの特徴
育て方、剪定時期、病気、害虫

カナリーヤシ

カナリーヤシは存在感があり、南国イメージがあふれる代表的なヤシです。日本の気候(関東以南)でも育つことができるので、リゾート感あふれるエクステリアやガーデンには最適です。大型の樹木になるので、広いスペースのある場所のみ植えることをおすすめします。

別名

フェニックス・カナリー

科名

ヤシ科フェニックス属

学名

Phoenix canariensis

種別

常緑樹

高木

原産地

カナリア諸島

樹高

3.0〜15.0m

※一般的に利用される大きさの範囲です。

特性

陽樹(日なた)

花色

実色

難易度

★★☆(ふつう)

耐寒性

★★☆(ふつう -10℃まで)

耐暑性

★★★(つよい)

開花・結実の時期
 1   2   3   4   5   6   7   8   9  10 11 12
開花期                        
結実期                        
特徴・育て方

雌雄異株で耐寒性、耐暑性を持ち合わせるヤシの仲間です。
関東以南であれば地植えで冬越しが可能です。
実が熟すと落下して地面を汚します。植え場所に注意をしましょう。
観葉植物で見かけるフェニックス・ロベレニーによく似ていますが、
一般的にフェニックスといえばこのカナリーヤシ(フェニックス・カナリー)を指します。
ロベレニーに比べて耐寒性があり、大型です。

植えつけ

植えつけ適期は3~4月、9~10月です。
冬期の植えつけは、葉が枯れる恐れがあります。
大型のものは、移動式クレーン等が必要になるので、必ず造園業者に依頼することをおすすめします。

水やり

表土が乾いたらたっぷりと水を与えてください。
地植えの場合は、植え付け後半年程は毎日たっぷりと水やりをしてください。
その後は特に必要ありません。

肥料

特に必要ありません。

剪定

葉が下がってきたら、下の古葉から切り落とします。

病害虫

害虫(ヤシオオオサゾウムシ)
幹に侵入している場合があります。
生産地でも侵入は分からず、通常枯れ保証の対象にもなりません。
ヤシオオオサゾウムシが侵入していると、植え付け数年後に枯れ始めます。

主な園芸種

-

カナリーヤシの幹


カナリーヤシの根本

根本



THE OTHERS RECOMMEND PLANTS

その他のおすすめの植物
常緑広葉樹
 

常緑広葉樹

おすすめの常緑広葉樹をご紹介
落葉広葉樹
 

落葉広葉樹

おすすめの落葉広葉樹をご紹介
シンボルツリー
 

シンボルツリー

おすすめのシンボルツリーをご紹介
サブツリー
 

サブツリー

おすすめの樹木をご紹介
低木
 

低木

おすすめの低木をご紹介
多年草・宿根草
 

多年草・宿根草

おすすめの多年草・宿根草をご紹介

Instagram

@designearth_eg
 

Instagram

@designearth_eg