デザインアース エクステリア&ガーデン
エクシタリア ガーデンデザインから店名が変わりました
TOP | おすすめの植物 | チェリーセージの特徴、育て方、剪定時期、病気、害虫

チェリーセージの特徴
育て方、剪定時期、病気、害虫

チェリーセージ

チェリーセージは成長が早く、開花期間が非常に長い常緑の低木です。お庭を明るくしたい場合におすすめです。葉張り(横幅)が1m以上になるので、苗木を植える時は十分なスペースが取れる場所を選んで下さい。
※写真は開花時期のチェリーセージ・ホットリップス

別名

サルビア・ミクロフィラ

科名

シソ科サルビア属

学名

Salvia microphylla

種別

常緑広葉樹

低木

原産地

メキシコ

樹高

0.3〜1.0m

※一般的に利用される大きさの範囲です。

特性

中庸樹(日なた〜日陰)

花色

赤、赤+白(ホットリップス)、ピンク、青、黄

実色

-

難易度

★☆☆(やさしい)

耐寒性

★★☆(ふつう)

耐暑性

★★☆(ふつう)

開花・結実の時期
 1   2   3   4   5   6   7   8   9  10 11 12
開花期                        
結実期                        
特徴・育て方

ハーブの一種で、香りを持っています。
春から秋まで花が咲きますので、長い期間鑑賞することができます。
丈夫で初心者の方にも育てやすい植物です。
花は、唇弁花という特長あるかわいい形をしています。

植えつけ

春(4~5月)または秋(9月)に植えつけます。
水はけの良い場所に植えることをおすすめします。
成長が早く1年で1mくらいになります。
そのため地植えするときは広めの場所に植えましょう。

水やり

表土が乾いたらたっぷりと水を与えてください。
冬は乾燥気味にします。
地植えの場合は、夏季の炎天下以外は特に必要ありません。

肥料

特に必要はありませんが、花季前と後に固形肥料を与えると花数が多くなります。

剪定

夏の高温多湿が苦手なため、込み合う枝葉をすいて風通しを良くします。
刈り込みには強いので心配はありません。
大株のまま放置をすると、枝が細くなり花が貧弱になることがあります。
春先や晩秋に思い切って太枝まで切り落とすと、元気なシュートが生えてきます。

病害虫

特になし

主な園芸種

チェリーセージ・ホットリップス
チェリーセージ・イエロー
チェリーセージ・ストロベリー&クリーム
チェリーセージ・ブルー

ホットリップスの花

花(ホットリップス)


ホットリップスの葉


ホットリップスの一分咲き

一分咲き程度


イエローの花

花(イエロー)



Instagram

@designearth_eg
 
 

Instagram

@designearth_eg