デザインアース エクステリア&ガーデン
エクシタリア ガーデンデザインから店名が変わりました
TOP | おすすめの植物 | アブチロン・チロリアンランプの特徴、育て方、剪定時期、病気、害虫

アブチロン・チロリアンランプの特徴
育て方、剪定時期、病気、害虫

アブチロン・チロリアンランプ

アブチロン・チロリアンランプは、提灯のような特徴的な花が開花する、つる性植物です。和名のウキツリボクで呼ばれることもよくあります。植木鉢で育てることも可能ですが、地植えの方が、暑さや寒さに強い株になります。
つる性の幹は、自立して立ち上がる訳でなく、近くのものに寄りかかって成長します。フェンス沿いなどに植えると良いでしょう。花は長期に渡って咲き続くので、鮮やかな緑と花のカーテンが出来上がります。
※写真は開花時期

別名

ウキツリボク、アブチロン・メがポタミクム

科名

アオイ科イチビ属

学名

Abutilon megapotamicum

種別

常緑広葉樹

つる性木本

原産地

南米

樹高

0.3〜3.0m

※一般的に利用される大きさの範囲です。

特性

陽樹(日なた)

花色

赤+黃

実色

-

花言葉

様々な愛、恋の病、憶測

誕生花

1月18日、9月8日

難易度

★★☆(ふつう)

耐寒性

★★☆(ふつう)

耐暑性

★★☆(ふつう)

開花・結実の時期
 1   2   3   4   5   6   7   8   9  10 11 12
開花期                        
結実期                        
特徴・育て方

風船のようにふくらみ、下部がすぼまった形の花が枝に吊り下がって咲きます。
比較的暖かい地域に適しているため、関東以北では落葉する場合があります。
生育旺盛なので、放任するとどんどん伸びるためこまめな剪定が必要です。
日当たりがよく、水はけのよい土に植えるようにします。

植えつけ

植えつけや植替えは5~7月が適期です。
植木鉢でも育てることができます。
成長が早いので鉢植えの場合は毎年ひとまわり大きな鉢に植え替えます。
また、11~3月は鉢植えを室内に移し冬越しさせると良いでしょう。

水やり

表土が乾いたらたっぷりと水を与えてください。
屋外で育てている場合は、冬期は少なめにします。

肥料

5~10月の間に2ヶ月に1度程度で緩効性化成肥料を施します。

剪定

成長が早いため、5~6月、9~10月に3分の1程度の長さを残して切り詰めます。
込み合う枝を取り除いて形を整えます。

病害虫

害虫(アブラムシ、ハダニ、カイガラムシ)
5~10月頃に掛けて付着することがあります。

主な園芸種

-

アブチロン・チロリアンランプの花


アブチロン・チロリアンランプの葉



THE OTHERS RECOMMEND PLANTS

その他のおすすめの植物
常緑広葉樹
 

常緑広葉樹

おすすめの常緑広葉樹をご紹介
落葉広葉樹
 

落葉広葉樹

おすすめの落葉広葉樹をご紹介
シンボルツリー
 

シンボルツリー

おすすめのシンボルツリーをご紹介
サブツリー
 

サブツリー

おすすめの樹木をご紹介
低木
 

低木

おすすめの低木をご紹介
多年草・宿根草
 

多年草・宿根草

おすすめの多年草・宿根草をご紹介

Instagram

@designearth_eg
 

Instagram

@designearth_eg