デザインアース エクステリア&ガーデン
TOP | おすすめの植物 | クリスマスホーリーの特徴、育て方、剪定時期、病気、害虫

 クリスマスホーリーの特徴
育て方、剪定時期、病気、害虫

クリスマスホーリー

 
クリスマスホーリー(西洋ヒイラギ)は、晩秋に実が赤く色づきクリスマスの季節に鉢物や切り花として出回る常緑高木です。アレンジやリース作りの材料としてもよく使われます。
日本の伝統行事、節分に使われるヒイラギに似ていますが、ヒイラギはモクセイ科。クリスマスホーリー(西洋ヒイラギ)はモチノキ科なので、植物的には違う分類です。
※写真の葉はトゲあり

別名

セイヨウヒイラギ

チャイニーズホーリー

ヒイラギモチ

科名

モチノキ科モチノキ属

学名

liex aquifolium

種別

常緑広葉樹

低木

原産地

北アメリカ

樹高

0.6〜2.0m

※一般的に利用される大きさの範囲です。

特性

中庸樹(日なた~日陰)

花色

-

実色

白、赤

難易度

★☆☆(やさしい)

耐寒性

★★☆(普通)

耐暑性

★★☆(普通)

開花・結実の時期
 1   2   3   4   5   6   7   8   9  10 11 12
開花期                        
結実期                        


特徴・育て方

クリスマスホーリーは比較的丈夫であまり手がかからないため初心者にも育てやすい植物です。
濃い緑の葉と赤い実のコントラストの美しさが人気の理由となってます。

植えつけ

適期は3~4月、または9~10月です。
移植も同時期で問題ありません。
ポット販売されている苗は、酷暑や厳冬の時期を除けば通年植つけが可能です。

水やり

水保ちの良い場所に植えてあるなら、水やりの必要はありません。
乾燥に弱いので、特に夏場の水切れに注意しましょう。

肥料

肥料が足りないと樹の勢いが衰えます。
寒肥として油肥、堆肥などを株から少し離れた所に与えます。

剪定

1年に1〜2回は剪定が必要です。
生け垣は年に2回、3月から4月と9月ごろに刈り込みをすると美しく保てます。

病害虫

病害虫には強い方ですが、稀にカイガラムシがつくことがあります。

主な園芸種

チャイニーズホーリー・オースプリング

クリスマスホーリ

赤い実と葉(トゲなし)


クリスマスホーリー

葉(トゲあり)


クリスマスホーリー

幹・樹皮



THE OTHERS RECOMMEND PLANTS

その他のおすすめの植物
 

常緑広葉樹

おすすめの常緑広葉樹をご紹介
 

落葉広葉樹

おすすめの落葉広葉樹をご紹介
 

シンボルツリー

おすすめのシンボルツリーをご紹介
 

サブツリー

おすすめの樹木をご紹介
 

低木

おすすめの低木をご紹介
 

多年草・宿根草

おすすめの多年草・宿根草をご紹介

Instagram

@designearth_eg
 

Instagram

@designearth_eg