デザインアース エクステリア&ガーデン
TOP | おすすめの植物 | ドウダンツツジの特徴、育て方、剪定時期、病気、害虫

ドウダンツツジの特徴
育て方、剪定時期、病気、害虫

ドウダンツツジ

ドウダンツツジは紅葉が美しく、丈夫で育てやすい低木です。春にスズランのようなかわいい花が咲き、秋には紅葉を楽しめるので季節感を感じたい方におすすめです。低木なので、それほど大きくならず、比較的成長も遅い樹木です。
常緑樹の中高木の根本に植えると、高さや季節感のバランスが取りやすい植栽デザインを作れます。和庭でも洋風ガーデンでも合わせることが可能です。
※写真は一部開花

別名

-

科名

ツツジ科ドウダンツツジ属

学名

Enkianthus perulatus

種別

落葉広葉樹

低木

原産地

日本

樹高

0.3〜1.5m

※一般的に利用される大きさの範囲です。

特性

中庸樹(日なた〜半日陰)

花色

白、ピンク

実色

赤褐色

難易度

★☆☆(やさしい)

耐寒性

★★★(つよい)

耐暑性

★★☆(ふつう)

開花・結実の時期
 1   2   3   4   5   6   7   8   9  10 11 12
開花期                        
結実期                        
特徴・育て方

春にスズランのような小さなつぼ型の花を咲かせます。
開花と同時期に新芽を吹き、秋には美しい紅葉を見ることができます。
落葉樹ですが、刈り込みにも強いので、生垣に用いられることがあります。

植えつけ

極寒な日を除く12~3月下旬が植えつけの適期です。
移植も同時期で問題ありません。
日当たりが良く、適度に湿った肥沃な土地を好みます。

水やり

乾燥には弱いので、表土が乾いたらたっぷりと水やりします。
特に夏は注意が必要です。

肥料

寒肥として、2~3月に油かすと骨粉を施します。
お礼肥えは、花後に窒素・リン酸・カリウムがバランスよく配合された化成肥料を施します。

剪定

自然樹形で美しいので、ほとんど手間を掛けることはありません。
生垣などに利用して、刈り込みや剪定が必要なときは花終わってすぐ行います。
夏には花芽が作られるので、それ以降の剪定は翌年の花を減らす原因になります。

病害虫

特になし

主な園芸種

サラサドウダン
シロドウダン
アブラドウダン

ドウダンツツジの花


ドウダンツツジの葉


ドウダンツツジの実



THE OTHERS RECOMMEND PLANTS

その他のおすすめの植物
 

常緑広葉樹

おすすめの常緑広葉樹をご紹介
 

落葉広葉樹

おすすめの落葉広葉樹をご紹介
 

シンボルツリー

おすすめのシンボルツリーをご紹介
 

サブツリー

おすすめの樹木をご紹介
 

低木

おすすめの低木をご紹介
 

多年草・宿根草

おすすめの多年草・宿根草をご紹介

Instagram

@designearth_eg
 

Instagram

@designearth_eg