デザインアース エクステリア&ガーデン
TOP | おすすめの植物 | ヒメイワダレソウ の特徴、育て方、剪定時期、病気、害虫

 

ヒメイワダレソウの特徴
育て方、剪定時期、病気、害虫

ヒメイワダレソウ

ヒメイワダレソウは、通常は白い小さな花をつけた株が集まって咲きます。
なかにはヒメイワダレソウ・ロゼアのようにピンク色に色づいた花を咲かせることもあります。
ヒメイワダレソウは全長5センチから15センチほどに生長し、地面を匍匐するように茎が伸びて広がっていきます。根の長さは約40センチから60センチ程に生長し、土の奥深くまで潜っていきます。
細長くて葉が丸く、上の葉とかぶらないように互い違いに生えていて、葉の両面には産毛のような短い毛があるのが、ヒメイワダレソウの特徴です。
※写真は一部開花

別名

リッピア

科名

クマツヅラ科イワダレソウ属

学名

phyla canescsns

Lippia canescens

種別

耐寒性常緑多年草

原産地

熱帯〜亜熱帯

樹高

0.05〜0.1m

※一般的に利用される大きさの範囲です。

特性

中庸樹(日なた〜日陰)

花色

白、ピンク

実色

-

花言葉

忍ぶ花

誕生花

-

難易度

★★☆(ふつう)

耐寒性

★★☆(ふつう)

耐暑性

★★★(つよい)

開花・結実の時期
 1   2   3   4   5   6   7   8   9  10 11 12
開花期                        
結実期                        
特徴・育て方

葉はやや大きめですが、茂り方はまばらで花は小さく、
細長い穂になって咲きます。

植えつけ

思い立ったらすぐに育てられるのがヒメイワダレソウの良い所です。
植え付けした直後は土の乾燥に気をつけて、水を多目に与えましょう。

水やり

土に慣らされておらず根付きも悪いためこの時期はたっぷり与えましょう。
しっかり根付いたら土が乾いた時に水やりを行う様にします。

肥料

ヒメイワダレソウは肥料などは必要ありません。
特に地植えは栄養分を地植えは栄養分を地表から吸い上げるので何も与ないで良いでしょう。

剪定

他の植物が植えられている場所まで成長している場合があるので、
適度に剪定を行ましょう。弱った枝や、伸びすぎた茎などが剪定対象です。

病害虫

花にも実がつかないため、植物を食い荒らす病害虫はほとんど見られません。
また、適度に緑が広がってくると他の雑草が生えないので、新たな害虫もあまり寄りつきません

主な園芸種

-

イワダレソウ

花と葉


イワダレソウ


ヒメイワダレソウ



THE OTHERS RECOMMEND PLANTS

その他のおすすめの植物
 

常緑広葉樹

おすすめの常緑広葉樹をご紹介
 

落葉広葉樹

おすすめの落葉広葉樹をご紹介
 

シンボルツリー

おすすめのシンボルツリーをご紹介
 

サブツリー

おすすめの樹木をご紹介
 

低木

おすすめの低木をご紹介
 

多年草・宿根草

おすすめの多年草・宿根草をご紹介

Instagram

@designearth_eg
 

Instagram

@designearth_eg