デザインアース エクステリア&ガーデン
TOP | おすすめの植物 | カルミアの特徴、育て方、剪定時期、病気、害虫

カルミアの特徴
育て方、剪定時期、病気、害虫

カルミア

カルミアは華やかで特徴ある花を、たくさん咲かせてお庭を明るくします。シャクナゲに似ていることから、別名アメリカシャクナゲと言われます。また、花が傘状なところからハナガサシャクナゲとも呼ばれます。
苗木は葉張り(幅)が30cm程度ですが、大きくなると1mくらいの葉張りになります。苗木を植えるときは、周りの樹木と最低50cmづつ離すように植えると良いでしょう。
※写真は一部開花

別名

アメリカシャクナゲ、ハナガサシャクナゲ

科名

ツツジ科カルミア属

学名

Kalmia latifoli

種別

常緑広葉樹

低木

原産地

北米東部

樹高

0.8〜2.0m

※一般的に利用される大きさの範囲です。

特性

陽樹(日なた)

花色

白、赤、ピンク

実色

-

難易度

★★☆(ふつう)

耐寒性

★★★(つよい)

耐暑性

★★★(つよい)

開花・結実の時期
 1   2   3   4   5   6   7   8   9  10 11 12
開花期                        
結実期                        
特徴・育て方

5月頃になると蕾は金平糖、花はパラソルのような形をした特徴的な花を咲かせます。
直径は2cmほどの花で、花房状にたくさん付けます。
花色は濃赤から桃色、白までいくつかの園芸品種があります。
暑さや寒さにも強く強健で丈夫な低木ですが、移植など植替えを苦手とします。

植えつけ

適期は3~4月、または9~10月です。
移植も同時期で問題ありません。
ポット販売されている苗は、酷暑や厳冬の時期を除けば通年植つけが可能です。

水やり

表土が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。

肥料

開花前の4月頃、開花後の6~7月、花芽が分化する9月に緩効性化成肥料に少量の油かすを混ぜて施すと良いでしょう。

剪定

花後の6~7月に枝先を切り戻します。
特に枯れた枝や混み合った枝を切り戻します。
開花時期には、なるべく花がらを摘み取り、株を衰弱させないようにします。

病害虫

害虫(ハマキムシ、ハダニ、グンバイムシ)
まれに付着することがあります。
通風を良くしたり、乾燥を防ぐことで予防します。

主な園芸種

カルミア・フレックルズ
カルミア・リトルリンダ
カルミア・ピンクボール
カルミア・オスボ・レッド
カルミア・エルフ

カルミアの花



THE OTHERS RECOMMEND PLANTS

その他のおすすめの植物
 

常緑広葉樹

おすすめの常緑広葉樹をご紹介
 

落葉広葉樹

おすすめの落葉広葉樹をご紹介
 

シンボルツリー

おすすめのシンボルツリーをご紹介
 

サブツリー

おすすめの樹木をご紹介
 

低木

おすすめの低木をご紹介
 

多年草・宿根草

おすすめの多年草・宿根草をご紹介

Instagram

@designearth_eg
 

Instagram

@designearth_eg