デザインアース エクステリア&ガーデン
エクシタリア ガーデンデザインから店名が変わりました
TOP | おすすめの植物 | ランタナの特徴、育て方、剪定時期、病気、害虫

ランタナの特徴
育て方、剪定時期、病気、害虫

ランタナ

ランタナは花の開花時期が長く、色々な色が楽しめます。花持ちの良い低木をお探しの場合におすすめです。ランタナ・カマラが原種のものは低木で、コバノランタナが原種のものはほふく性の小型種となります。用途に合わせてお選び下さい。
関東以南では地植えをすると冬越しも可能です。植木鉢で育てる場合は、冬の間は室内に入れることをおすすめします。
※写真は開花時期

別名

シチヘンゲ

科名

クマツヅラ科ランタナ(シチヘンゲ)属

学名

Lantana

種別

半耐寒性常緑広葉樹

低木

原産地

熱帯アメリカ

樹高

0.5〜1.0m

※一般的に利用される大きさの範囲です。

特性

陽樹(日なた)

花色

赤、ピンク、オレンジ、黄、白

実色

-

難易度

★☆☆(やさしい)

耐寒性

★☆☆(よわい)

耐暑性

★★★(つよい)

開花・結実の時期
 1   2   3   4   5   6   7   8   9  10 11 12
開花期                        
結実期                        
特徴・育て方

花は、咲き始めは黄色が強く、咲き進むと朱色に変化して行きます。
花色の変化から、シチヘンゲの和名を持ちます。
小花が集まって、手まり状の花を咲かせ続けます。
花が終わると緑から黒く熟す球形の実をつけます。
もともとは熱帯性に植物なので、寒さで葉を落とすことがあります。
関東以南では、地植えをすると庭木として翌年も花を楽しめます。

植えつけ

花壇でも植木鉢でも育てることができます。
元肥を混ぜた土で植え込みます。
花壇や地植えの場合は、大変成長が早いです。

水やり

表土が乾いたらたっぷりと与えます。
水枯れに弱いので、夏は朝・夕の2回の水やりをおすすめします。
特に鉢植えの場合は注意が必要です。

肥料

花の咲いている時期は、月に1~2回液肥を与えます。

剪定

成長が早いので、花が咲き終わったら枝を2~3節ほど後ろから切り落とすと込み合いを解消できます。

病害虫

特に注意はありませんが、まれにカイガラムシが付着することがあります。

主な園芸種

ランタナ・カマラ
ランタナ・セロウィアーナ
ランタナ・リラキーナ

ランタナの花


ランタナの花(ピンク)

花(ピンク)


ランタナの花(オレンジ)

花(オレンジ)


ランタナの花(黄色)

花(黄色)


ランタナの蕾


ランタナの葉


ランタナの実



THE OTHERS RECOMMEND PLANTS

その他のおすすめの植物
常緑広葉樹
 

常緑広葉樹

おすすめの常緑広葉樹をご紹介
落葉広葉樹
 

落葉広葉樹

おすすめの落葉広葉樹をご紹介
シンボルツリー
 

シンボルツリー

おすすめのシンボルツリーをご紹介
サブツリー
 

サブツリー

おすすめの樹木をご紹介
低木
 

低木

おすすめの低木をご紹介
多年草・宿根草
 

多年草・宿根草

おすすめの多年草・宿根草をご紹介

Instagram

@designearth_eg
 

Instagram

@designearth_eg